バセドウ病のアイソトープ治療

バセドウ病のアイソトープ治療

バセドウ病と食事

バセドウ病は甲状腺の疾患ですから、甲状腺ホルモンに関係した食べ物につ
いてご紹介します。
甲状腺ホルモンは、からだの新陳代謝を活発にさせるホルモンです。この甲
状腺ホルモンは、ワカメ、コンブなどのなかに含まれているヨードがその材
料となります。ヨードを材料にして作られた甲状腺ホルモンは、血液中に分
泌されていきます。
そもそも、甲状腺ホルモンという物質は、人間が生きるために欠かせないミ
ネラルです。健康食品では、ヨードが含まれたものもあり、それを積極的に
摂取している方もいます。
ですが、体に必要な量の甲状腺ホルモンを作るために、必要なヨードは、1
日あたり、およそ0・1 ミリグラムと言うごくわずかな量です。特に私たち、
日本人は海藻などをよく食事に取り入れているので、世界一、ヨードを摂取
している国民だと言われています。
ヨードと甲状腺ホルモンが関係することから、バセドウ病の患者さんは、ヨ
ードの摂取量を気にしている方が多いです。ですが、たとえ、ヨードを摂取
しすぎたとしても、甲状腺はそれとは関係がないように機能しているのです。

ですから、ヨードを含む食べ物をつい食べ過ぎてしまって、体内への摂取量
が増えるに連れて、その分、甲状腺ホルモンがどんどん増える、と言うわけ
ではありません。
バセドウ病であっても、普段の食事で摂取するヨードのことは、それほど心
配することもないでしょう。
一般に、バセドウ病だからと言って食事制限を厳しくすることは特にありま
せん。気をつけることは、ヨードを含む食品を、大量に食べすぎないこと、
それだけです。
どんな食品にせよ、同じものを大量に食べることは何らかの不具合が体に起
こるものあり、体には良くないことですよね。ヨードについても、それと同
じということです。ちなみにヨードを含む食品は海藻などが多いです。
昆布、のり、もずく、ひじき、わかめ、寒天、それから、昆布だしを使った
ものもそうです。和食の場合、どうしても海藻類を避けられない食事になり
ますが、普通に食べている分には問題ありません。
規則正しい生活をして、バランスよく栄養を取っていれば病気にも良いです。
和食はカロリーも適切で、健康に良い食事ですから、ワカメのお味噌汁や、

ひじきの煮物など、一人前を普通に食べることは気にしなくて大丈夫です。
それから、バセドウ病の方のアルコール摂取ですが、甲状腺機能が高い場合
を除いては、少量なら大丈夫だと言われています。さらに、医師に確認して
から、飲むと安心できるでしょう。
ただし、アイソトープの検査や、治療をする時は、ヨード摂取を1 週間前か
ら控えることが言われています。

 

バセドウ病と食事